PMP対策

予測型(計画駆動型)、従来型(ウォーターフォール型)

図1.11 プロセス・マップ

10の知識エリア

現在の試験では、各知識エリアの各プロセスの詳細については出題されない。

しかし、知識エリアのプロセスは、プロセス・ベースの考え方として重要であるため理解しておくこと!

1.統合マネジメントのプロセス

統合マネジメントのプロセスは、各知識エリアのプロセスとプロジェクトマネジメント活動の特定、定義、結合、統一、調整を行うために必要なプロセスである。

2.スコープ・マネジメントのプロセス

スコープ・マネジメントのプロセスとは、プロジェクトを成功裏に完了させるために必要な全ての作業を洗い出すプロセスである。

3.スケジュール・マネジメントのプロセス

スケジュール・マネジメントのプロセスとは、プロジェクトを納期までに完了させるためのスケジュールの作成および調整を行うプロセスである。

4.コスト・マネジメントのプロセス

コスト・マネジメントのプロセスとは、プロジェクトを承認済みの予算内で完了させるためのプロセスである。

5.品質マネジメントのプロセス

品質マネジメントのプロセスとは、ステークホルダーの目的に合致するために、プロジェクトとプロダクトの品質要求事項の計画・マネジメント・コントロールに関する品質管理方針を組み込むプロセスである。

6.資源マネジメントのプロセス

資源マネジメントのプロセスとは、プロジェクトを成功裏に完了させるために必要な資源の特定・獲得・マネジメントを行うプロセスである。

7.コミュニケーション・マネジメントのプロセス

コミュニケーション・マネジメントのプロセスとは、プロジェクトとステークホルダーの効果的な情報交換ができるよに会議体を決めるなどの活動を行うプロセス。

8.リスクマネジメントのプロセス

リスクマネジメントのプロセスとは、リスクの特定・分析・対応計画の作成・監視・対応策の実行を行うプロセスである。

9.調達マネジメントのプロセス

調達マネジメントのプロセスとは、プロダクト・サービスを外部から購入または取得するプロセスである。

10.ステークホルダー・マネジメントのプロセス

ステークホルダー・マネージメントのプロセスとは、プロジェクトに影響を与える、または影響を受ける人・グループ・組織を特定するプロセスである。

© 2023 MY WEB NOTE Powered by AFFINGER5